うなぎの末よし(すえよし)

うなぎの末よし

天文館にある鰻の老舗。
店の中に入ると客層は観光客っぽい人が多い感じです。
鹿児島といえば黒豚や黒牛が有名ですが、鹿児島は養鰻生産高全国1位でうなぎの名産地でもあります。
うなぎの末よしでは清らかな天然地下水で育てられた大隅産鰻を提供しており、ふっくらと焼き上げたうえに甘いタレを付けた蒲焼は鹿児島へ来たら一度は食べたい一品です。
みそ汁には鰻のエキスが入っているので、土用の丑の日に限らず、元気を付けたいときに飲んでみるのもいいかも。

メニューは重と丼が選べて、それぞれ松竹梅でランクが分かれており鰻の量が変わります。
重はタレが濃く、鰻とご飯が別々になっており、丼はタレが薄くご飯の上に鰻がのっています。

ちなみに他の客の注文を見ていたら、多くの人がうな重の竹を頼んでいました。

うな重・・・松2760円、竹2080円、梅1420円
うな丼・・・松2760円、竹2080円、梅1420円

かごうぇぶをフォロー