『垂水の千本いちょう』黄葉を見よう

千本イチョウ並木

今週は鹿児島県垂水市にある千本いちょうを見に行きました。

毎年11月終わり~12月初旬くらいが見ごろのようです。

ちなみに、このイチョウ園はもともと私有地で、中馬さんという方が開拓して、今では垂水6大観光名所に数えられるようになるまでになりました。

「世間自然遺産 僕立公園」というのがシャレが効いてます。

この園は、東京から帰郷した昭和五十三年から荒廃したこの地を見て、垂水市内や錦江湾・薩摩半島の眺めの良いせっかくの場所を何とかしなくてはという思いから毎年少しづつ切り開きイチョウの木を植樹して今日に至りました。

現在も手入れしてご覧のとおりの景観を維持しております。

園内に約千二百本以上のイチョウがあり、奈良の吉野千本サクラをもじって垂水千本イチョウと名付けました。

どうぞごゆっくりお楽しみください。

垂水千本イチョウ 案内板より

景色・趣の異なる3つのコース

園内は、A、B、Cの3つのブロックに分かれていて、それぞれ景観が異なります。時間があればすべて見て回りたいところですね。

時間がない方は、ざっくりそれぞれのコースの概要を紹介するので、どれを回りたいか参考にしてください。

鹿児島のシンボル・桜島が見えるAブロック

Aブロックはイチョウ園のメインとなるところで、ライトアップがされるのもここです。

見どころは、やっぱり黄色に彩られたイチョウ並木と桜島。

自然体のイチョウの木々の中を歩くBブロック

Bブロックの特徴は、ほかのブロックのように整備された道ではなく、イチョウ林の中を歩く感じです。

道はきれいに舗装されてるわけではないので、歩きやすい靴を履いていくことをお勧めします。

1パックで200円で銀杏の販売も。

丘の上からの展望が抜群なCブロック

Cブロックの特徴は何といっても、128段の階段を上ってみる景色。

道自体はキレイに舗装されていて歩きやすいですが、勾配があるので少し疲れます。

しかし、一番上にはベンチがあって、そこから座って眺める景色は絶景。片道5分程度なので、ぜひ見ておきたいです。

階段を上った先にあるのは、小さな小さな丘。このイチョウ園で最も高い場所で、垂水市街地を一望することができます。またこの場所には、2つのベンチが用意されています。家族や恋人、友人と、ベンチにゆっくりと腰かけて、眼下に広がる景観を眺めながら、日ごろの想いや感謝を言葉にしてみてはいかがでしょうか。きっと絆が深まるはず!

『癒しの丘と幸せベンチ』案内板より
階段はコンクリートで舗装されてます。
階段を登り切ったところにある「癒しのベンチ」からの眺めが最高。
天気が良ければ、錦江湾を挟んで遠くに開聞岳も見えます。

帰りは「道の駅垂水はまびら」でランチ

イチョウ園から車で15分ほどで、道の駅垂水はまびらへ行けるので、そこでランチをするのも良いです。

オススメは道の駅敷地内にある「あっちゃんの店プラス」の『BBT(ビッグ美湯豚てりやきバーガー)』。ボリュームたっぷりですが、たくさん歩いた後の空腹にちょうどピッタリです。

ボリューム満点「ビッグ美湯豚てりやきバーガー」

垂水千本イチョウ園 アクセス

かごうぇぶをフォロー

投稿者プロフィール

たった
たった
神奈川から鹿児島に移住した当サイト管理人兼WEBデザイナー。カレーとラーメンと焼肉が好き。週末は小学生の娘と一緒にポケモンをしながら街をブラブラ歩く。