1時間待っても食べたい!とんかつ川久の黒豚ロースカツ。選べる3つのソース、オススメはこれ

久々にアミュプラザ鹿児島で朝からショッピングを楽しんだ後、時計を見ると12時を回ろうとしていた。

「もうお昼か。」

そう考えた瞬間、ふと心の中に湧き上がるとんかつ欲。そんなときは迷わず「とんかつ川久」へ向かう。鹿児島市中央町にある老舗、創業昭和50年の名店だ。黒豚の旨みを引き出すためにこだわりの揚げ方、淡いピンク色の肉は見た目からして絶品だ。

待つのも楽しみのひとつ

店に到着すると、すでに店前に人だかりができている。ランチタイムには1時間以上待つこともザラだが、この待ち時間もまた一興。整理券を発行し、順番がくるのを待つ。

お世辞にもオシャレとは言い難い、古き良き昭和の雰囲気が漂う店内に足を踏み入れると、期待感が高まる。

テーブルに着き、メニューを手に取る。「上黒豚ロースカツ」を注文。待つこと数分、揚げたてのとんかつが運ばれてくる。

ピンク色の肉に箸を入れると、ジュワっと肉汁が溢れ出す。この瞬間、1時間待ったことなど忘れてしまうほどだ。口に入れると、サクサクの衣と黒豚の甘みが広がり、一瞬で至福の境地に導かれる。

選べる3つのタレの楽しみ方

テーブルには3種類のタレが並ぶ。とんかつソース、しょうゆタレ、ゆずみそタレ。それぞれが異なる風味を放ち、一口ごとに新たな味わいが広がる。どのタレでも美味しいことには変わらないが、それぞれの個性を楽しむことができる。

個人的なオススメは醤油ダレ。鹿児島特有の甘い醤油味と塩味が黒豚の甘味とマッチする。

終わりに

食後の満足感に浸りながら、店を後にする。確かに、1時間待つ価値はあるとんかつ川久は名店だ。もし行くなら時間に余裕を持っていってほしい。できれば昼前に到着することを推奨する。

店舗情報

住所: 〒890-0053 鹿児島市中央町21−13

営業時間 11:30~14:30/17:00~21:30(ラストオーダー21:00)

投稿者プロフィール

たった
たった
神奈川から鹿児島に移住した当サイト管理人兼WEBデザイナー。カレーとラーメンと焼肉や珍しいご当地料理が好き。週末はイベントやお祭りに出向いたり、小学生の娘と一緒にポケモンをしながら街をブラブラ歩く。

Instagramでも鹿児島のことを色々投稿しているのでフォローよろしくお願いします!