鹿児島県初「 アミューズ メント型店舗」メガドンキ隼人のオープン日が発表!

株式会社ドン・キホーテ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:大原孝治)は、「MEGAドン・キホーテ霧島隼人店(鹿児島県霧島市)」をにオープンすることを発表しました。

MEGAドン・キホーテ霧島隼人店のプレスリリース内容

このたび出店する「隼人駅」周辺は、鹿児島市中心部へアクセスが良い交通利便性の高さから、子育て世代のファミリー層・単身者・学生など幅広い世代が暮らすほか、市が推進する土地区画整理事業による開発が進む魅力あるエリアです。
鹿児島県内初のMEGA業態となる同店は、約7万アイテムからなる豊富な商品ラインナップとアミューズメント性溢れる店内演出により、「時間消費型」ショッピングをご提供します。

同店は、地域最安値を目指した日々の暮らしに役立つ冷凍食品や日配品などの加工食品や日用消耗品を充実させています。
また、生活雑貨・パーティグッズといったバラエティ性豊かな商品を数多く取り揃えるほか、化粧品・衣料品・スマホパーツなど、トレンドを意識したアイテムの品揃えも強化しています。

店内は、ドン・キホーテならではの手書きPOPや圧縮陳列のほか、照明演出やジャングルをイメージした装飾など、お客さまが『ワクワク・ドキドキ』しながらお買い物をしていただける空間を創造します。
また、シングル層からお子さま連れのファミリー層・シニア層まで幅広い世代のお客さまがご満足いただけるよう、お子さまの遊び場やベンチのほか、カプセルトイや最新ゲーム機が楽しめるアミューズメント性溢れる休憩スペースを店内中央に設けました。

「MEGAドン・キホーテ霧島隼人店」は、地域最安値を目指すとともに、地域の皆さまに普段使いいただける憩いの場として、末永くご愛顧いただける店舗を目指してまいります。

関連記事 【安いだけじゃなった】驚安の殿堂メガドンキへ行ってみた »

■店舗概要
名称  :「MEGAドン・キホーテ霧島隼人店」
営業時間:午前9時~翌午前3時
所在地 :鹿児島県霧島市隼人町見次468-4
交通  :公共機関/JR日豊本線・肥薩線「隼人駅」から徒歩10分
     車/東九州自動車道「隼人東IC」から約10分
開店日 :2018年3月9日(金)午前9時
売場面積:3,782㎡
建物構造:鉄骨造 平屋建て
商品構成:食品、酒、日用消耗品、家庭雑貨品、化粧品、ブランド品、家電製品、衣料品、
     玩具・バラエティ、カー用品、ペット用品、薬品、他
駐車場 :237台
駐輪場 :133台

MEGAドン・キホーテ(メガドンキ)とは

2008年に誕生した「MEGAドン・キホーテ」はドン・キホーテグループの総力を結集し、「豊富な品揃え」と「驚きの安さ」をコンセプトに開発した、日本初の
「ファミリー型総合ディスカウントストア」です。

普通のドンキや他の量販店との違いは?

「MEGAドン・キホーテ」の売場面積は平均約9,000㎡、取り扱い商品数は6~10万アイテム。
各カテゴリー商品に絞った専門店とは異なり、食料品や日用品はもとより、雑貨、衣料品、インテリア、家電など豊富な商品を、広々とした店内導線で、自由にカートで買い周りできる、“総合小売業”として展開している。

店舗レイアウトは、商品棚が整然と並ぶ一般的なスーパーとは異なり、段ボールごと山積みされたお買い得品、商品の魅力を訴求したカラフルなPOP、回遊性を高める広い主導線と迷路のような枝通路など、「ドン・キホーテ」のDNAを取り入れた、長時間滞留型の有機質な売り場となっている。

躍動感と賑わいにあふれた店舗は、若年層はもちろんのこと、主婦・ファミリー・中高年層からも支持を得ている。

かごうぇぶをフォロー