何かの前兆? 鹿児島の空に不思議な形の雲が!

2018年1月18日(木)の早朝に、珍しいカタチの雲が出ていると話題に。
地震の前触れなど様々な憶測が流れたが、いったい何なのだろう??

IMG_8714

実はこれ、「ロケット雲」と呼ばれるものである。

この日の午前6時過ぎに鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から新小型ロケット「イプシロン3号」が打ち上げられた。

この雲はその時にできたものである。

ロケット雲とは

正式には夜光雲(やこううん)と呼ばれるもので、通常の雲より非常に高い位置で発生し、地上約75〜85 kmの中間圏界面付近にできる。高度の高い位置に発生するため、太陽が地平線付近にあるとき下から日が当たり、青白く輝いて見える。
ロケットから排出される水蒸気が夜光雲を作り出す原因と考えられていることから、ロケット雲と言われる。

イプシロン3号

「イプシロン」はもともと小型の人工衛星を低コストで打ち上げられるようにしようとJAXA=宇宙航空研究開発機構などが開発した日本の新しい小型ロケットです。従来のロケットと比べて、打ち上げ費用が半分程度に抑えられます。
今回の「イプシロン3号」は、大手電機メーカーのNECが開発した地球観測衛星「ASNARO(アスナロ)2」を載せ、午前6時6分、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。このASNARO2により、夜間や雲が広がる天候でも地表を観測することができます。

かごうぇぶをフォロー

投稿者プロフィール

たった
たった
神奈川から鹿児島に移住した当サイト管理人兼WEBデザイナー。カレーとラーメンと焼肉が好き。週末は小学生の娘と一緒にポケモンをしながら街をブラブラ歩く。